読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akitaのブログ

こちらは、昭和の歌手や桜田淳子さんに関わりのある人物などを綴ったアカウントになります。興味のある方は、ご覧ください。

三百六十五歩のマーチ


1968年11月10日にリリースされた。水前寺清子の23枚目のシングル。それまで演歌の本流とも言える楽曲をリリースし続けた水前寺がリリースした歌謡曲ナンバーで、題名の通り1日1歩ずつ歩み続ける人生を励ますマーチ(行進曲)調の曲である。ジャケット写真もそれまでの着まわし姿から一転、マーチングバンドのドラムメジャー姿になった水前寺がpauseを決めたものになっている。水前寺は楽曲提供を受けた当初は演歌歌手としてヒット曲を連発したプライドから英語の「ワンツー」という歌詞がある本曲に「冗談じゃない。わざとイメージに合わない曲で私を辞めさせる気だ」と疑心暗鬼になったという。このように水前寺が不本意ながらリリースした楽曲であるが、「日本が自信に満ちた時代だった」という高度経済成長の時流にマッチし、累計では100万枚を越える売り上げ(ミリオンセラー)となった、結果的に水前寺の最大のヒット曲にして代表曲となり、第11回日本レコード大賞・大衆賞を受賞した。